2016
10.16

ロスアンゼルス自然史博物館

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |
投票するには会員登録する必要があります。
読み込み中...

博物館

  • 記事トップ
  • 詳細情報
  • コメント

~編集部探訪記~

 博物館に入って、まず目を惹くのは、恐竜化石。専門ではないので記憶が定かではないのですが、おそらくティラノサウルスとトリケラトプス(トライセラトプスとも?)の化石。間近にみる恐竜の化石は、機内でジュラシックパークを見ていたせいか、なんとなく動く姿が想像でき、生き生きとしているように見えました。(化石なので死んでいますが。。。)

哺乳類の展示では、ジオラマに剥製が展示してあり、その生物の生態までもみることができる展示でした。これを展示している剥製のすべてで、ブースに区切って展示している様子は、暗い館内でその展示だけがライトアップされていることもあり、非常に迫力のある、そして見ごたえのある展示でした。

さて、クジラはというと、骨格標本といくつかのはく製が展示されており、なかでも化石標本は充実していました。ほとんど現在のマッコウクジラ(Physeter macrocephalus)と同じような形態を見せている、1500万年前の化石Aul

ophyseterは、小さなマッコウクジラという印象を受け、鯨類が現生のものに近づくなかで、体のサイズを大きくしていった様子が思い浮かびました。

 博物館の前には、リスが走り回る芝生の広場があったり、バラ園があったりと、ゆったりと広大な土地に、幅広い分野の展示をしているので、一日滞在しても飽きない、本当に魅力的な空間でした。機会を見つけて、もう一度行きたい場所の一つです。(Scinfo編集部 山本 智)

 

===

Address :900 Exposition Blvd. Los Angeles, CA 90007
Open Hour :月~日:9:30am-5:00pm
General Admission:大人9ドル シニア(62歳以上)6.50ドル
学生・子供(13~17歳)6.50ドル 子供(5~12歳)2ドル 4歳以下は入館無料
Website :http://www.nhm.org/site/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするにはログインしてください。