2018
09.28

野毛山動物園

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 0.00,  総合点:0  |
投票するには会員登録する必要があります。
読み込み中...

動物園

  • 記事トップ
  • 詳細情報
  • コメント

~編集部探訪記~
横浜市西区にある市立動物園「野毛山動物園」をご存知でしょうか?地元が横浜のハマっ子なら誰もが一度は行ったことがあるくらい、地域住民に親しまれている動物園なんです。

人気の理由に、本格的な飼育数が挙げられます。なんと約80種もの多くの動物が飼育されています。

動物園代表格のライオンやトラ、キリンなどのほか、レッサーパンダ、ペンギン、ニホンキジ、フラミンゴ、タナゴ、ワニ、ヘビ、カメなどなど、哺乳類・鳥類・魚類・爬虫類といった多種多様な生物たちを間近で見ることが可能。さらにモルモットやウサギなどの小動物と触れ合える「なかよし広場」もあるため、大人も子どもも一日中楽しむことができます。

他にも、園では各種さまざまなイベントも充実していて、そこも人気の理由です。

現在は「動物園の台所ツアー」「動物病院ガイドツアー」などが開催中。普段見ることのできない動物の飼料庫や動物病院を見学でき、動物たちがどんな食事をしているのか、飼育係や動物病院のスタッフの仕事はどういったものなのかを案内しています。また、9月20日から26日は動物愛護週間ということもあり、野毛山動物園では9月4日から24日までのあいだ「動物感謝祭」を実施していました。近隣にあるズーラシア、金沢動物園を含めたよこはまのどうぶつえんでこの一年に誕生した動物、亡くなった動物、ご長寿の動物を紹介するパネル展示を行っていました。

飼育数やイベントなどとても充実していますが、入園料は完全無料。そのため、ハマっ子たちは家族でピクニックがてら遊びに来たり、お金をかけずに楽しめるスポットとして友だち同士やカップルで活用したりしています。

交通手段は、電車ではJR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅、もしくは京浜急行線「日ノ出町」駅から徒歩約10〜15分。駅から動物園までの道のりは途中から少し急な上り坂になっているので、電車から徒歩で来ようという方は歩きやすい靴がおすすめです。園の前まで乗せてくれる横浜市営バスも通っています。

野毛山動物園は近年人気の動物園のように、園内がピカピカ綺麗で驚くような趣向が凝らされているというわけでは正直ありません。しかし、豊富な自然の中、じっくりゆっくり思う存分動物の姿を見て触れることができるというのはとても貴重なことだと感じました。ぜひ気負いせず、散歩に行くような気分で動物たちに会いに来てください。

(Scinfo編集部 森下 瞳)

Address :横浜市西区老松町63-10
Open Hour :9:30am~16:30pm(入園は16:00pmまで)
(休館日は毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌日)、12月29日~1月1日。5月と10月は無休)
General Admission:無料
Website :http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするにはログインしてください。